平成29年度 出水総合医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 179 54 35 50 82 214 491 640 900 381
  当院では、70歳以上の患者は1,921人で全体の63.48%を占めています。60歳代は491人となっており、この人数も含めると2,412人で全体の79.71%になります。
 当院の入院患者は、約8割が60歳以上の方が入院していることがわかります。また、平均年齢は69.85歳となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 40 20.15 20.83 30.00% 86.75
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 18 15.78 12.34 16.67% 77.22
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2-なし 10 31.10 40.34 40.00% 82.80
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 19.65
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 18.18
 総合内科では、内科系疾患全般を担当しています。入院加療を行う疾患では発熱疾患が多く、なかでも誤嚥性肺炎や肺炎、急性腎盂腎炎が多くなっています。誤嚥性肺炎、肺炎の症例の平均年齢は80歳以上で脳梗塞後遺症などの基礎疾患がある方が多いため治療期間も長く、また加療後も自宅退院が困難で療養型病院等への転院が多い傾向にあります。誤嚥性肺炎、肺炎の症例が総合内科全体の約40%を占めています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 38 4.95 5.94 0.00% 0.79
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 副傷病なし 22 4.91 6.32 0.00% 4.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 20 5.60 5.70 0.00% 2.35
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2-なし 16 5.56 6.03 0.00% 1.88
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 13 3.69 5.50 0.00% 2.31
  小児科では、気管支炎、喘息、肺炎といった小児呼吸器疾患治療のための入院が多いです。次に多いのはウイルス性腸炎です。出水郡内で小児入院の受け入れができる病院は当院のみであり、近くの病院から入院目的紹介が多くあります。入院後は急性期治療を行い退院後のフォローはかかりつけ医にお願いしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 6.80 8.98 0.00% 74.12
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 23 10.26 7.40 0.00% 64.74
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 20 6.95 5.56 0.00% 35.05
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 12 25.00 17.27 0.00% 68.42
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 10 19.10 15.61 0.00% 69.30
 外科では、腸閉塞の症例が最も多くなっています。このDPCコードには、手術後のイレウスや術後癒着性イレウスの症例が、25人のうち14人含まれています。治療は保存的治療を行います。
 次に多いのは、胆石性胆のう炎や胆のう炎の患者に対して腹腔鏡下での手術を行っています。次は急性虫垂炎で虫垂切除術の手術を行っている症例です。20人中15人は腹腔鏡下での手術を行っています。
 次は胃癌と大腸癌に対して手術を行っている症例が多いです。また、癌に対する化学療法もガイドラインに沿って積極的に行い、放射線治療も行っています。また癌末期の緩和ケアにも取り組んでいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 67 52.30 19.94 10.45% 79.36
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 61 62.66 27.09 32.79% 84.03
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 23 24.74 18.11 13.04% 84.78
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 17 40.00 15.22 29.41% 80.82
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 16 37.63 19.97 12.50% 78.50
  整形外科では、腰の骨折の症例が最も多くなっています。次に多いのが大腿骨骨折の手術目的で入院される症例です。平均年齢が高くなっており、高齢の患者が転倒等で骨折されると在院日数も長くなります。全国の平均在院日数に比べて自院の平均在院日数が長くなっていますが、これは、当院には「回復期リハビリテーション病棟」があり、急性期治療終了後の患者のADL向上のために、当該病棟に移り集中的にリハビリが行われているためです。ここでの入院日数も含めているので長くなっています。大腿骨骨折は保存的目的で入院されている患者も17症例あり、こちらも回復期リハビリテーション病棟に移り集中的にリハビリが行われるため在院日数が長くなります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 36 40.33 16.38 11.11% 75.64
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 26 22.00 9.68 23.08% 70.19
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 17 16.47 7.34 11.76% 48.12
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病1あり 17 37.88 18.34 11.76% 76.82
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 16.38 6.32 12.50% 68.00
 脳神経外科では、脳梗塞治療の症例が上位となっています。脳梗塞の症例は全144件ですが、脳梗塞の診断群分類は発症時期、JCS、手術・処置、副傷病名、重症度等で細かく分かれるため上位になる条件に該当する症例数はこの数になります。全国の平均在院日数に比べて自院の平均在院日数が長くなっていますが、これは、当院には「回復期リハビリテーション病棟」があり、急性期治療終了後の患者のADL向上のために、当該病棟に移り集中的にリハビリが行われているためです。ここでの入院日数も含めているので長くなっています。
 次に多いのは、頭蓋・頭蓋内損傷に対して手術ありの症例と手術なしの症例です。頭蓋・頭蓋内損傷には頭部外傷後の外傷性慢性硬膜下血腫や頭部外傷による外傷性くも膜下出血や脳挫傷などが含まれます。当院は慢性硬膜下血腫の手術症例の割合が比較的高いため、このような順位になります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 37 11.97 10.61 8.11% 73.76
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 25 10.28 8.73 4.00% 72.44
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 24 23.00 20.83 45.83% 83.13
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 21 17.76 15.23 14.29% 57.95
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 19 11.32 7.87 5.26% 59.68
 消化器内科では、胆管結石、胆管炎に対しての手術ありの症例が最も多くなっています。胆石によって胆管が閉塞したり炎症を起こした場合に、ステントを入れ胆汁の流れを良くしたり、胆石を取り除くなどの治療を内視鏡を用いて行っています。次に早期胃癌に対する早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術を行っている症例が多く、次に誤嚥性肺炎の患者が多く、平均年齢も高齢であり自宅退院が難しく、転院率も高くなっています。次にアルコール性肝障害の症例、憩室性疾患の保存的加療の症例が多いです。また、癌に対する化学療法もガイドラインに沿って積極的に行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 101 3.13 3.03 0.99% 69.64
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 61 5.15 4.62 0.00% 68.46
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2-なし 44 4.09 5.30 0.00% 60.57
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 29 9.31 7.71 6.90% 78.72
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 11.36 12.72 8.00% 71.60
 循環器内科では、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための検査入院が最も多くなっています。次に多いのは狭心症に対して経皮的に冠動脈の狭窄をバルーンで拡張する治療や再狭窄を防ぐためにステントを留置する治療目的の入院です。次は不整脈に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術の治療を行っている症例です。
 当科では平成28年7月から、時間外における緊急カテーテル検査の受け入れ体制も整えています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 25 10.56 12.23 4.00% 64.64
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2-なし ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2-なし ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2-なし 22.12
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 14.55
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2-なし 3.35
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 8.97
 腎臓内科では、慢性腎臓病・慢性糸球体腎炎・ネフローゼ症候群の症例が上位を占めています。慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群に対する腎生検やステロイド加療の症例、急性腎障害に対する診断や全身管理目的の症例、末期腎不全に対する内シャント設置術の症例、透析患者の透析シャント狭窄・閉塞に対する血管内治療の症例、透析患者の合併症治療の症例、腹膜透析患者管理目的の症例、多発性嚢胞腎に対するトルバプタン導入の症例、急性腎盂腎炎や尿路感染症の症例、電解質異常の症例等を診ています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 10 1 7
大腸癌 36 12 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 初発患者で多いのは、大腸癌と胃癌です。大腸癌では、診断された時点で進行癌であるⅣ期の患者が多くなっています。胃癌では、早期であるⅠ期と進行癌であるⅣ期の患者の割合が多くなっています。Ⅰ期では多くの症例が内視鏡的切除術を行っています。
 再発では胃癌と大腸癌が上位になっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 8.31 57.23
中等症 71 15.90 81.59
重症 19 12.26 80.53
超重症 10 20.20 77.70
不明
 患者数では、中等症の割合が最も多く、全体の約63%を占めています。中等症から超重症では平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、年齢が上がるごとに重症化していく傾向にありますが、超重症の場合は「ショックがあれば1項目のみでも超重症とする」となっており、比較的年齢の若い患者も含まれているため平均年齢が若干低くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 126 45.18 79.49 22.22%
その他 18 35.33 77.72 1.39%
 当院では発症日から3日以内に入院して治療を受けている症例が全体の87.5%を占めています。脳梗塞の治療は緊急を要します。当院では急性期脳梗塞患者に対するtPA静注療法を行える治療体制を整えています。
 脳梗塞の平均在院日数が長くなっているのは、当院には回復期リハビリテーション病棟があり、急性期治療終了後の患者のADL向上のために、当該病棟に移り集中的にリハビリが行われているためです。ここでの入院日数も含めているので長くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 37 1.32 6.51 2.70% 71.03
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 32 2.13 7.13 0.00% 64.19
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 15 2.53 14.40 0.00% 70.93
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 14 8.43 17.43 0.00% 69.14
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 14 0.86 4.43 0.00% 22.29
 外科では、鼠径ヘルニアに対して行うヘルニア手術(鼠径ヘルニア)が多くなっています。手術後日数は約1週間で多くの患者が自宅退院となっています。
 次に多いのは胆のう結石や胆石性胆のう炎に対して行う腹腔鏡下胆囊摘出術です。その次に多いのは利尿剤投与などの保存的療法でコントロールできない難治性腹水・胸水に対して胸水・腹水濾過濃縮再静注法を行っています。また、大腸癌に対して行う結腸切除術、急性虫垂炎に対して行う腹腔鏡下虫垂切除術が多く、全ての患者が自宅退院となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 44 4.57 53.11 27.27% 85.11
K0811 人工骨頭挿入術(股) 21 5.43 60.74 47.62% 77.33
K0462 骨折観血的手術(下腿)(前腕)
K0463 骨折観血的手術(足)(膝蓋骨)
K0484 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(足)(膝蓋骨)
 整形外科では、大腿骨骨折に対して行う骨折観血的手術(大腿)や人工骨頭挿入術(股)が最も多くなっています。2つの手術で全体の約65%を占めています。平均術後日数が長いのは、術後は回復期リハビリ病棟へ移り、当院で継続してリハビリ治療を実施しているためです。また当院では、平日だけに限らず土曜・日曜・祝日を含めた365日体制でリハビリを提供しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 21 0.38 37.14 23.81% 83.76
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術)
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの)
 脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対して頭蓋骨から穿頭して行う慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が最多となっています。次に多いのは、腰部脊柱管狭窄症に対して行う椎弓切除術、脳梗塞発症後の経口摂取困難に対して行う胃瘻造設術が多くなっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 27 2.63 16.74 22.22% 78.96
K654 内視鏡的消化管止血術 25 0.84 14.44 20.00% 72.80
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 23 1.09 8.26 4.35% 73.43
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 17 1.06 8.24 0.00% 68.47
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 15 4.40 12.47 6.67% 79.67
 消化器内科では、胆管炎や癌などにより胆管や膵管が狭窄して、胆汁や膵液の流れが悪くなっているときに、胆管や膵管にステントを入れて、胆汁や膵液の流れを良くする内視鏡的胆道ステント留置術が多いです。次に多いのは、出血性胃潰瘍・十二指腸潰瘍、その他消化管出血に行う内視鏡的消化管止血術です。
 また、早期胃癌や早期大腸癌(良性の比較的大きい腺腫を含む)に対する内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術、早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術が多く、ほとんどの症例が入院翌日に手術を行い、術後も短期間で退院可能となっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 62 1.58 3.18 1.61% 69.98
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 34 1.00 2.15 0.00% 60.26
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 20 0.10 13.40 10.00% 70.10
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 13 4.31 7.77 7.69% 84.92
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 11 1.36 4.36 0.00% 78.55
 循環器内科では、狭心症や心筋梗塞などに対して行う経皮的冠動脈ステント留置術が多いです。次に多いのは不整脈に対して行う経皮的カテーテル心筋焼灼術です。次は洞機能不全症候群や房室ブロックに対して行うペースメーカー移植術(経静脈電極)、下肢の閉塞性動脈硬化症や重症虚血肢に対して行う四肢の血管拡張術・血栓除去術が多いです。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 26 0.19 1.58 0.00% 73.88
K610-3 内シャント設置術
 腎臓内科では、長い間シャントを使って透析をしている間に、シャントが狭窄・閉塞を起こした場合に経皮的シャント拡張術・血栓除去術が行われています。平均術前日数が0.19日となっていますが、これは透析中にシャント狭窄や閉塞が見つかり、外来からすぐに入院となり手術を行う症例と、予定入院で入院当日に手術を行っている症例が26件中23件を占めているためです。 
 次に多いのは内シャント設置術です。慢性腎不全が進行し末期腎不全になると血液維持透析が必要になり内シャント設置術を行います。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 11 0.36%
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 1.06%
異なる
 手術・処置等の合併症については、32件が入院契機病名と同一の症例となりました。内訳としては、透析シャント狭窄・閉塞の患者が23件で全体の約72%を占めています。
播種性血管内凝固症候群については、DPC病名と入院契機の傷病名が異なることから、
入院契機である基礎疾患を原因として播種性血管内凝固に至ったと思われます。
更新履歴