出水総合医療センター

施設概要

概要

 
事業開設年月日 大正14年3月1日
開設者 出水市
名称 出水総合医療センター
病院事業管理者 今村 純一
院長 瀬戸 弘
地方公営企業法
適用年月日
昭和43年4月1日(一部適用)
平成20年4月1日(全部適用)
所在地 鹿児島県出水市明神町520番地
TEL.0996-67-1611  FAX.0996-67-1661
E-mail:mail1@hospital-city.izumi.kagoshima.jp
ホームページ:http://www.hospital-city.izumi.kagoshima.jp/
病床数 274床
(一般病棟226床・回復期リハビリテーション病棟44床・
  感染症病床4床)※うち59床休床中
診療科目 総合内科、循環器内科、消化器内科、肝臓内科、腎臓内科、
血液内科、 糖尿病・代謝内科、 リハビリテーション科、
呼吸器内科、神経内科、小児科、健康管理科
外科、整形外科、婦人科、皮膚科、脳神経外科、脊椎外来、
眼科、麻酔科、放射線科、乳腺外科
施設面積 (1) 土地/30,149.94m2
(2) 建物
   本館/鉄筋コンクリート造 19,861m2
   職員宿舎/鉄筋ブロック造(3戸) 190m2
       鉄筋コンクリート造(31戸) 2,111m2
       木造(2戸) 288m2

施設基準届出事項

基本診療料

・一般病棟入院基本料(7対1)
・救急医療管理加算
・乳幼児救急医療管理加算
・重症者等療養環境特別加算
・超急性期脳卒中加算
・栄養サポートチーム加算
・患者サポート体制充実加算
・感染防止対策加算(1)
  及び感染防止対策地域連携加算
・救急搬送患者地域連携受入加算
・回復期リハビリーテーション病棟入院料(Ⅱ)
  及び休日リハビリテーション 提供体制加算
・総合評価加算
・臨床研修病院入院診療加算(協力型)
・診療録管理体制加算(1)
・医師事務作業補助体制加算1(20対1)
・急性期看護補助体制加算4(75対1)
・医療安全対策加算(1)
・救急搬送患者地域連携紹介加算
・データ提出加算(2)イ
・小児入院医療管理料(5)
・短期滞在手術基本料(2)

入院時食事療養費

入院時食事療養(1) 及び食堂加算
 管理栄養士が患者さんの症状に応じた食事を適時(夕食については6時以降)、適温で提供しています。

特掲診療料

・麻酔管理料(1)
・開放型病院共同指導料
・外来化学療法加算(1)
・夜間休日救急搬送医学管理料
・ニコチン依存症管理料
・糖尿病透析予防指導管理料
・心大血管疾患リハビリテーション料(1)
  及び初期加算
・脳血管疾患等リハビリテーション料(1)
  及び初期加算
・呼吸器リハビリテーション料(1)
  及び初期加算
・CT撮影(16列以上64列未満のマルチスライス型)
・大腸CT撮影加算
・MRI撮影(1.5テスラ以上3テスラ未満)
・埋込型心電図検査
・埋込型心電図検査記録計移植術・摘出術
・造血器腫瘍遺伝子検査
・輸血管理料(Ⅱ)
・透析液水質確保加算(2)
・乳がんセンチネルリンパ節加算(1)(2)
・大動脈バルーンパンピング法 
・早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
・経皮的冠動脈形成術
 急性心筋梗塞に対するもの
 不安定狭心症に対するもの
 その他のもの
・無菌製剤処理料
・薬剤管理指導料
・検体検査管理加算(Ⅰ)・(Ⅱ)
・がん性疼痛緩和指導管理料
・がん治療連携計画策定料
・抗悪性腫瘍剤処方管理加算
・運動器リハビリテーション料(1)
  及び初期加算
・がん患者リハビリテーション料
・時間内歩行試験
・ヘッドアップティルト試験
・センチネルリンパ節生検(1)(2)
・医療機器安全管理料(1)
・神経学的検査
・がん患者指導管理料(1)(2)(3)
・脳刺激装置植込術、交換術
・脊髄刺激装置植込術、交換術
・下肢末梢動脈疾患指導管理加算
・ペースメ-カ-移植術・交換術
・経皮的冠動脈ステント留置術
 急性心筋梗塞に対するもの
 不安定狭心症に対するもの
 その他のもの
 ・医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術
  黄斑下手術等
  肺悪性腫瘍手術等
  靭帯断裂形成手術等 
  鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等
  角膜移植術
  子宮附属器悪性腫瘍手術等
  上顎骨悪性腫瘍手術等
  母指化手術等
  食道切除再建術等
  人工関節置換術
  冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの
  を含む。)  及び体外循環を要する手術
  経皮的冠動脈粥腫切除術
  頭蓋内腫瘤摘出術等
  鼓室形成手術等 
  経皮的カテーテル心筋焼灼術
  水頭症手術等 
    尿道形成手術等 
  肝切除術等
  上顎骨形成術等 
  バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉) 
  内反足手術等
  同種死体腎移植術等
  乳児外科施設基準対象手術

学会・施設認定

・ 日本外科学会外科専門医制度修練施設
・ 日本脳神経外科学会専門医認定制度指定訓練場所
・ 日本消化器外科学会専門医修練施設
・ 日本医学放射学会放射線科専門医修練協力機関
・ 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
・ 日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院
・ 日本整形外科学会専門医研修施設
・ 協力型臨床研修指定病院
・ 日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム実地修練認定教育施設
・ 日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム稼動施設
・ 日本臨床薬理学会認定薬剤師制度研修施設
・ 日本医療薬学会認定薬剤師制度研修施設
・ 日本がん治療認定医機構認定研修施設
・ 日本脳ドック学会認定施設
・ 日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設
・ 日本消化器病学会専門医認定施設

指定等

・ 救急告示病院
・ へき地医療拠点病院
・ 災害拠点病院(地域災害医療センター)
・ エイズ治療拠点病院
・ 第2種感染症指定医療機関
・ 日本医療機能評価機構認定(一般病院2 3rdG:Ver.1.1)病院
・ 地域リハビリテーション広域支援センター
・ 地域医療支援病院
・ DMAT(災害派遣医療チーム)指定病院
・ 協力型臨床研修指定病院
・ 鹿児島県がん診療指定病院
・ 労災指定病院
・ がん検診精密検査実施協力医療機関登録
・ 身障者法第15条第1項指定医
・ 障害者自立支援法第59条第1項指定医療機関
   精神通院医療
   育成医療・更正医療
    (腎臓に関する医療・整形外科に関する医療)
 

病院の沿革

大正14年3月 米ノ津町立米ノ津医院として設立
大正15年9月 米ノ津町立米ノ津病院に改称
昭和25年7月 米ノ津町立米ノ津診療所に改称(医療法改正 による)
昭和26年9月 一般病棟を増築し、米ノ津町立米ノ津病院と改称
昭和29年4月 市制施行により出水市立病院と改称
外来病棟、一般病棟を増築
昭和31年8月 結核病棟を増築
昭和41年10月 一般病棟改築完成
昭和43年9月 救急告示病院指定
昭和57年7月 へき地中核病院の指定を受ける
昭和58年3月 南館地下1階地上4階建及び隔離病棟完成
12月 隔離病棟に2階を増築
平成 2年6月 全国自治体病院協議会及び全国自治体病院開設者協議会から優良自治体病院としての表彰を受ける
平成 4年6月 自治大臣から優良自治体病院としての表彰を受ける
平成 5年3月 増改築第1期新館病棟(地下1階、地上7階)完成移転
平成 6年6月 増改築第2期外来診療棟・管理棟(地下1階、地上2階)を完成、移転
平成 7年2月 総合病院名称使用許可
平成 9年3月 災害拠点病院に指定(地域災害医療センター)
エイズ治療拠点病院に指定
平成11年4月 第2種感染症指定医療機関に指定
平成14年7月 へき地医療拠点病院に指定
平成16年3月 臨床研修病院指定
平成17年11月 日本医療機能評価機構 より「審査体制区分3(Ver 5.0)」認定
平成18年3月 合併に伴い出水総合医療センターへ名称変更
5月 南館改築
平成20年4月 地方公営企業法全部適用
DPC対象病院
6月 回復期リハビリテーション病棟開設
12月 日本がん治療認定医機構認定研修施設に指定
平成21年3月 鹿児島県がん診療指定病院に認定
平成23年4月 日本医療機能評価機構より「審査体制区分3(Ver 6.0)」更新認定
9月 出水圏域地域リハビリテーション広域支援センター(脳血管疾患分野、整形疾患分野)に指定
平成24年2月 地域医療支援病院に承認
3月 電子カルテシステム稼働
12月 DMAT(災害派遣医療チーム)指定病院に指定
平成25年4月 健康管理科を院内表示
臨床教育研修センターを設立
平成26年3月 一般病床270床に減床認可
4月 動脈硬化外来を院内表示
11月 脳卒中センターを新設
平成27年2月 消化器内科・肝臓内科・外科・内視鏡室・腹部エコー室を消化器疾患センターとして統合
4月 消化器疾患センター内に呼吸器外科を開設
11月 病院機能評価 一般病院2<3rdG:ver.1.1>認定

基本理念

私たちは良質な医療を提供し、市民に信頼される病院を目指します。


基本方針

1 市民が必要とする地域医療の提供に努めます。
2 患者の立場に立った医療を行います。
3 地域完結型医療における基幹病院としての役割を果たします 。

行動指針

1 患者に十分な説明を行い、同意のもとに医療を行います。
2 和の心を持って、チーム医療を行います。
3 常に向上心を持ち、協力して病院の改善に取り組みます。

患者の権利と義務

 患者さんは、人格を尊重されるとともに,健康になるために、自らの意思と選択の もと、最善の医療を受ける権利があります。
 当院は、患者さんと病院職員がお互いの 信頼関係に基づいて、患者さんとともに最善の医療を提供していこうと考えています。 そのためには、患者さんにも医療に積極的に参加していただくことが必要です。
 このような考えに基づいて、次のように「患者の権利」「患者の義務」を定めました。

患者の権利

1 患者は、生命・身体・人格を尊重される権利があります。
2 患者は、平等な医療を受ける権利があります。
3 患者は、最善の医療を受ける権利があります。
4 患者は、診療に関して十分な説明を受ける権利があります。
5 患者は、自らの状況を理解するために,必要な情報を得る権利があります。
6 患者は、治療方法などを自分の意思で決定できる権利があります。
7 患者は、プライバシーが守られる権利があります。

患者の義務

1 患者は、自分の健康に関する情報を提供する義務があります。
2 患者は、病院のルールを守り、医療に参加する義務があります。
3 患者は、他の患者の医療を妨害しない義務があります。
4 患者は、医療費を支払う義務があります。

倫理の基本方針

1 職員は市民全体の奉仕者であって、市民の疑惑や不信を招くような行為の防止を図り、
 もって公務に対する市民の信頼を確保し、公正かつ民主的な市政の運営に資する。
  また、職員は「出水総合医療センター職員の職業倫理」に基づいて業務にあたり、臨床
 における倫理的諸問題(治療法の選択、終末期医療、臓器移植等)について敏感でなく
 てはならない。
2 医師は日本医師会が定める「医の倫理綱領」に基づき診療にあたる。
3 看護師は日本看護協会が定める「看護者の倫理綱領」に基づいて看護にあたる。
4 上記、2および3に定めるもののほか、その他の医療スタッフは各職種で定められた
 倫理規定等に基づいて業務にあたる。
5 患者の診療にあたっては出水総合医療センターの基本方針「患者の立場に立った医療を行います」、
 行動方針「患者に十分な説明を行い、同意のもとに医療を行います」に沿った診療を行う。

輸血療法拒否対応

 宗教上の理由などから輸血を拒否される患者には宗教的輸血拒否に関するガイドラインに従い、 適切に対応します。

病院指標

 病院指標 ⇒ こちら