出水総合医療センター
このホームページについて
個人情報取扱いについて
サイトマップ リンク
外来の患者さまのために 入院患者さまのために 手術を受けられる方へ 面会にこられる方のために

栄養科

 
 
 
 
 
栄養科の紹介

栄養科では、「患者さん個人を尊重し、治療効果の手助けとなる食事作り」をモットーに、患者さんの一日でも早いご回復を食事の面からサポートさせていただいております。

 

特色

1.治療食について
患者さん個々の病態と嗜好に合わせて食事を提供できるよう、42種類の食種によりきめ細かな対応をしております。管理栄養士が病室に訪問し、患者さんのご意見を出来る限り取り入れた個別対応食を提供しております。 
嚥下の難しい患者さんについては、嚥下しやすいよう、食事形態の工夫を行っており、栄養士・調理員ともども「食べて美味しい治療食」作りを心がけております。
また、食事療養の参考にしていただけるよう、毎食、お食事に献立名を記載した食札を添えております。

2.適時適温給食について
朝食は8時、昼食は12時、夕食は18時にお食事を提供しております。温かいものは温かく、冷たいものは冷たく召し上がっていただけるよう、冷温配膳車を導入しております。また、治療上必要に応じ、3〜5回の分割食にも対応しております。

3.食事サービスについて
患者さんにより喜ばれる食事作りを目指して、選択食、行事食等実施しております。
 ◎選択食:常食・貧血食を喫食されている患者さんを対象に、
   毎週火・木・土曜日の昼食・夕食に選択食を実施しております。 
 ◎行事食:年25回程度、季節の行事に合わせたお食事に
   メッセージカードを添えて 提供しており、ご好評を頂いております。

4.栄養相談について
食事療法が必要な患者さんについて、病態に応じた個別栄養指導や栄養不良時の補助食品に関する相談も行っております。

5.栄養サポートチーム(以下、「NST」と略す)活動について
入院された患者さん全員について、栄養管理計画をたて、患者さん個々に適した栄養量、栄養方法でお食事を提供しています。また、NSTメンバーの一員として、NST回診や褥瘡回診、症例検討会に参加し、患者さんの栄養状態の改善に取り組んでいます。

6.糖尿病教室の開催

糖尿病の患者、家族、一般の市民を対象に糖尿病教室を開催しています。糖尿病に関する基礎知識を一年間を通じて5回の講義と2回の調理実習を行っています。

 

スタッフ

管理栄養士3名、栄養士1名(臨時職員)、調理員14名

 

その他資格等
 
栄養サポートチーム専門栄養士 3名、糖尿病療養指導士2名 (平成24年4月現在)


メッセージ

毎日の食事は、生活習慣病の発症や、生活の質(QOL)と大きく関わっており、健康な毎日を送るためには「適量を、バランスよく食べる事」が重要です。食生活で不安な事や、わからない事などありましたらお気軽にご相談ください。皆様おひとりおひとりが、健康的な食生活を実践できるよう、サポートさせていただきます。

 

 
>>このページの上へ