出水総合医療センター
このホームページについて
個人情報取扱いについて
サイトマップ リンク
外来の患者さまのために 入院患者さまのために 手術を受けられる方へ 面会にこられる方のために

看護部からのお知らせ

 
 

看護部紹介

出水総合医療センター看護部では
「ナイチンゲール看護論」を基盤とした、薄井坦子先生の「科学的看護論」を用い患者さんの身体と心と生活に目を向け「喜んでいただける看護」を実践しています。

 

看護部の基本理念

  思いやりと優しさをもって、喜んでいただける看護をめざします

基本方針

  1.患者さんの立場を尊重します
2.患者さんの安全・安楽を守ります
3.患者さんの持てる力が活かせるように支援します
4.患者さんの体と心と生活に目を向けた看護を実践します
5.チーム医療に協力し、より良い看護体制や教育に力を注ぎます

 

★★★

特色

○ 科学的看護論を基盤とした看護支援システム(出水総合医療センターオリジナル)の導入。
○ 院内教育(クリニカルラダーを取り入れた研修)
○ サポート体制充実のために、各病棟3人の主任看護師配置
 

★★★

 

 

看護部の体制

○看護配置  
一般病棟 : 3単位(7対1看護体制)
回復期リハビリ病棟  : 1単位
中央手術室・人工透析室・救急外来・各科外来
   
○スタッフ  
看護師 133名(助産師6名)、准看護師 11名、看護助手 18名 
 
(平成23年4月1日現在)
○認定・資格等の取得状況
・救急看護認定看護師 1名  
・緩和ケア 認定看護師 1名  
・日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士 3名  
・糖尿病療養指導士 5名
・透析技術認定士 7名
・透析療法指導看護師 1名
・フットケア指導士 1名
・ACLSプロバイダー 4名
・JNTECブロバイダー 1名
・日本消化器学会内視鏡技師 4名
・認知症ケア専門士 3名
・二種衛生管理免許 2名
・介護支援専門員(ケアマネージャー) 8名

 

★★★

看護部教育委員会の紹介

【看護部教育委員会】
  当医療センターの理念、看護部の理念を基に、看護師の職業倫理と臨床実践能力を高め、専門職として質の高い看護師を育成することを目的に委員会の活動をしています。また、組織が必要とする人材の育成を段階的に実施していく必要があり、クリニカルラダーを導入し研修の運営・企画をしています。


【看護部教育委員会の教育理念】

教育理念

 

1 EBMに基づいた行動のできる人材を育成し看護の質向上に努める
2 患者様の立場に立った対応のできる人材の育成に努める
3 組織の一員としてチーム医療を推進し、組織の質向上に努める

 

看護展開方法論

 

*ナイチンゲール看護論を基盤にした科学的看護論
「生命力の消耗を最小にするよう
            生活過程を整える」

「自然治癒力への働きかけを!
            もてる力を最大限に! 」

 


【当医療センターの研修体制】

 

【クリニカルラダー導入の目的】
1 組織の求める人材を段階的に育成していく
2 看護師の実践能力を評価してフィードバックし、動機づけと教育的サポートの基準にする
3 短期目標(1年)と長期目標(キャリア開発)を明確にし、看護師個々のキャリア開発に役立てる
4 看護師の仕事の満足度を高める


【看護部教育計画構造図】

         
到達目標
研修H23年度)
         
レベル別研修
全レベル
     
ラダー
V
リーダー〜主任〜師長
1 問題解決能力を身につける
2 役割モデルになれる
3 リーダーシップがとれリーダーの役割が果たせる
自主研修
看護過程研修
トピックス研修
糖尿病看護研修
水曜勉強会
BLS研修
緩和ケア研修
   
ラダー
W
 リーダー〜主任
1 チームメンバーの指導
2 リーダーシップを発揮
自主研修
 
ラダー
V
中堅ナース
1 チームリーダーの補佐
2 チームメンバーの指導
3 科学的根拠や理論に基づいた看護実践
4 臨床指導者として主体的な学生指導
5 委員会活動に積極的に参加
看護過程研修担当
ラダー
U
 一人前のナース
1 看護過程を踏まえた個別的ケアが実践できる
2 メンバーシップを発揮し、チームメンバーとして主体的な行動
3 プリセプターシップを理解
   1)プリセプティに指導的に関わる
   2)プリセプターとして新卒指導に関わる
リーダー研修
3年目研修
ラダー
T
 新人レベル
  1 基礎的知識・技術・態度を理解し、安全確実な日常生活援助ができる
  2 看護の視点を理解し、基本的な看護過程の展開ができる
  3 看護チームにおけるメンバーの役割を理解し、責任を果たすことができる
  4 社会人としての常識的な行動がとれる

採用時研修
(医療センター理念、
看護部理念市職員・
医療センターの一員、
職業人としての
基本姿勢 など)
新人研修
(基本的看護技術、
フォローアップ研修など) 

看護部教育委員会 集合教育  ⇔  OJT・目標管理 

 

 
>>このページの上へ