出水総合医療センター
このホームページについて
個人情報取扱いについて
サイトマップ リンク
外来の患者さまのために 入院患者さまのために 手術を受けられる方へ 面会にこられる方のために

薬剤科から

 

患者さんに対する薬の説明を行っています。

 

 薬剤科では主に入院患者さんに薬の説明を行い、薬の安全性と効果が最大に発揮されるように、チーム医療の一員として努めています。
 具体的には、薬剤師が患者さんのベッドサイドまでお伺いし、「薬の名前」、「薬の働き」、「薬の副作用」、「薬の飲み方・使い方」、「使用上の注意」、「保管方法」などについて、わかりやすく説明しています。
  また、薬と薬または食物の相互作用、飲み合わせや重複投与、目に見えない副作用(検査結果でしかわからない副作用)の早期発見や、より効果的な薬の選択などについて、医師をはじめとする医療スタッフと協議、検討しています。
  薬のことでなにかお尋ねになりたいことがあれば、医師、薬剤師、看護師に相談してください。
 必要な場合は、病棟スタッフに「薬について薬剤師から説明を聞きたい」とおっしゃってください。

 

  >>このページの上へ
 

院外処方せん、医薬分業についてのお話です。

 

医薬分業とは?
 病院・診療所の医師は患者さんを診察して治療に使うお薬について記載した院外処方せんを発行します。院外の保険薬局の薬剤師は、患者さん毎の薬歴を作成し、その院外処方せんの内容が患者さんに対して適正かどうか(薬の分量・効能・飲み合わせなど)を確認してから、お薬を調剤し、患者さんにきめ細やかなお薬の説明を行います。
 このように、病院・診療所の医師が処方し、保険薬局の薬剤師が調剤することで、よりよい医療を提供する制度を「医薬分業」といいます。

★★★

院外処方せんとお薬の受け取り方は?
 院外処方せんは会計窓口で「引換券」を受け取られた後、当院薬局で交付する院外処方せんを受け取ってください。その処方せんをお住まいのお近く、またはご都合のよい保険薬局へお持ちになり、お薬を受け取ってください。「引換券」を保険薬局に直接持参されてもお薬を受け取ることはできませんので、ご注意ください。
 なお、院外処方せんを当院の院外処方せんファックスコーナーからファックス(無料)で保険薬局(かかりつけ薬局)にあらかじめ送信しておき、そこで院外処方せんと引き換えにお薬を受け取っていただくことで、お薬の待ち時間を短くすることも可能です。

★★★

保険薬局(かかりつけ薬局)では?
 保険薬局(かかりつけ薬局)では患者さんの薬歴管理を行い、お薬のアレルギー歴や副作用歴、現在服用中の他のお薬との相互作用、重複投与などのチェックを行いますので、副作用を未然に防ぐことができます。また、一箇所の医療機関で処方されたお薬だけでなく、市販のお薬や他の医療機関で処方されたお薬との相互作用、重複投与のチェックも可能となります。

★★★

注意することは?
 院外処方せんの有効期限は法律によって発行日を含めて4日間と定められています。この期限内に院外処方せんを保険薬局へお持ちになり、お薬をお受け取りください。

 

 

 

  >>このページの上へ

のみ薬の飲み方、食後・食前など、
具体的にはいつ飲んだらいいのかをご説明します。

 
薬袋の記載事項 具体的な飲み方
食後にお飲みください。 食事が終わって30分以内に飲んでください。
食前にお飲みください。 食事の前15分〜30分に飲んでください。
食間にお飲みください。 食事が終わって2時間ぐらい後に飲んでください。
食直前にお飲みください。 食事の直前(10分以内)に飲んでください。
食直後にお飲みください。 食事がすんだらすぐに飲んでください。
時間おきにお飲みください。 6時間おき、8時間おきなど、指示された時間を守って飲んでください。
(これは体の中の薬の量を一定にするためです。)
ねる前に飲んでください。 ねる前に飲んでください。
とんぷく 「とんぷく」とは、症状があるときや、医師に指示されたときだけ飲むのみ方です。
熱があるとき、痛いとき、便秘のときなどです。
それぞれの薬によって飲むときの指示が違いますので注意してください。

 

 

  >>このページの上へ

副作用かなと感じたら・・・

 

 薬の副作用には、量が多い場合にあらわれる場合(いわゆる「効きすぎ」)と、量 に関係なくあらわれる場合があります。
 「効きすぎ」の場合、患者さんに最も適した量が決まるまでの間(薬の量を調整している間)に起こることがあります。また、そのときの病状・症状や体調・薬の飲み合わせによって、同じ量の薬でも「効きすぎ」てしまう場合があります。
 その他に、食後の薬を食前に飲んでしまう用法の間違いや、一度に2回分の薬を飲んでしまったときなどに起こります。
 量に関係なく起こる場合は、アレルギーや特異体質などがあります。処方されたお薬が患者さんの体質に「合う」か「合わない」かは、事前に予測することが難しく、時として「合わない」ことがあります。
 いずれの場合でも、いつもと何か違うと感じたら、遠慮せずに医師または薬剤師にご相談ください。

  >>このページの上へ

治験のお話

 

 当院では治験(臨床試験)を行なっています。
 皆様に治験のことをご理解していただくために、治験のお話を紹介させていただきます。

 新しいお薬の開発のためには「治験」という臨床試験の過程を経なければなりません。
 新しいお薬が医薬品として認められ厚生労働省から承認を得るためには、多くの患者さんの参加協力を得て、病気の治療に有効であると同時に特に問題となる副作用がなく、安全であることが、「治験」と呼ばれる臨床試験により確認されることが必要です。
 それでは新しいお薬はどのようにしてできていくのでしょうか?
 その過程について順を追ってご案内いたします。

 

 

@基礎研究

   
基礎研究  植物、土壌の中の微生物、海洋生物などの自然界のあらゆる物質、 あるいは化学合成などによって「薬の候補」となりそうな新しい物質を探します。 これらの物質について様々な研究がなされたあと、動物などを対象とした試験に進みます。 しかし、次のステップに進める物質はごくわずかです。  
     

A非臨床試験

   
非臨床実験

 ネズミ、ウサギ、イヌなどの動物を対象として、あるいは細胞培養という方法を使って、様々な研究が行なわれます。 薬としての効きめがあるかどうか、毒性はないかなどの厳しい試験があらかじめ定められた多くの項目について実施されます。 この過程を経て、人に使用しても安全であると評価されたもののみが、「薬の候補」として次のステップに進みます。

 
     

B治験(臨床試験)

   
治験(臨床試験)

 薬として厚生労働省に申請する前の段階が、人を対象とした治験(臨床試験)です。
  治験はボランティアの方や、新しい薬の効果に期待する患者さんたちのご協力よって行なわれます。 治験に参加する方の権利と安全を守り、さらに治験の科学的な質と信頼性を確保するために、 厚生労働省が定めた実施基準を必ず遵守しながら、大きく3つの段階を経て進められます。

 

【第T相試験】  健康な成人男性(女性)にごく少量から少しずつ量を増やして体に変化がないかどうか調べます。
【第U相試験】  対象となる病気をお持ちの患者さんについて、小人数のグループで使用量、使用期間、効果、副作用などについて詳細に調べます。 また、すでに市販されているお薬や、薬の成分が入っていない「プラセボ」も使用し、効果・副作用が比較されます。
【第V相試験】  これまでの結果をもとに次は多くの患者さんを対象にお薬の有効性や使用法、安全性などについて 最終確認がなされます。また、すでに市販されているお薬や、薬の成分が入っていない「プラセボ」も使用し、 効果・副作用が比較されます。
 
     

 これらすべての段階ごとに、厚生労働省の厳しいチェックのもと承認を得なければならず、 最終的に承認されたものだけがお薬として私たちの前に登場します。
  この間、実に10〜18年もの月日を要するとされています。

 

 
C承認審査
D承認
E市販
F市販後調査
承認審査
承認
市販
市販後調査

 

治験に関する問い合わせ先

TEL 0996-67-1611 内線1156〔治験事務局(薬剤科)〕
E-mail tiken@hospital-city.izumi.kagoshima.jp

 

  >>このページの上へ

薬剤科スタッフ(資格・認定等)

薬剤科>
城野 敏幸
日本糖尿病療養指導士
認定実務実習指導薬剤師
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
松ヶ野 聡美
感染制御認定薬剤師
医療環境管理士
日本糖尿病療養指導士
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

橋元 良枝

日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

前山 瑞穂

日本糖尿病療養指導士
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
冨山 成章
日本医療薬学会がん指導薬剤師
日本医療薬学会がん専門薬剤師
NST専門療法士
認定実務実習指導薬剤師
日本医療薬学会認定薬剤師
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

鳴海 由希子

日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

田實 裕介

認定実務実習指導薬剤師
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師