出水総合医療センター

診療科一覧はこちらから

臨床工学科

臨床工学科の紹介

 当院の臨床工学科は1997年4月に独立し医療機器の安全管理や臨床技術支援を行い、患者さんの安全と質の高い医療提供に努めています。 当院の臨床工学技士は、透析技術認定士や呼吸療法認定士などの学会認定資格を取得しており、今後も積極的に学会資格の取得を目指し知識と技術の向上に励みます。

臨床業務

 医師の指示の下に、人の呼吸、循環又は代謝の機能の一部を代替し、又は補助することが目的とされる生命維持管理装置の操作及び情報提供を行います。
○ 急性血液浄化療法:血液・血漿吸着、血漿交換(LDL吸着、他)、持続的血液濾過透析、腹水濾過濃縮再循環療法等の操作を行う業務(緊急時対応)
○ 高気圧酸素療法:救急・非救急的適応疾患に対し、高気圧酸素治療装置を操作し治療を行う業務(緊急時対応)
○ 人工呼吸器療法:人工呼吸器の装着から離脱までに関する業務(緊急時対応)
○ CAG・PTCA療法:ポリグラフ(観血的血圧)、IABP(大動脈バルーンポンピング)操作業務

保守管理業務

 中央機器管理をおこない、常に整備された精度の高い装置とし院内全体で効率よく運用します。院内全体の生命維持管理装置からその他の医療機器まで、購入・点検・修理・調整・廃棄にいたる機器のすべてを管理します。
○ 人工透析装置、人工呼吸器、除細動器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、麻酔器含めOPE室内装置他、すべての医療機器

医療機器教育業務

 医療機器を常に安全に正しく使用していくために、医師・看護師に対し正しい取り扱い方法や異常時対応方法等を習得できるように適宜サポートします。

特色、積極的に行っている治療など

臨床工学科は診療部の一部門として総合的に他部門と協調しながら先進医療推進を機器管理と臨床面から、安全性と信頼性の保持、急性期医療の質的向上を目指した医療技術サービスを提供します。 

○ 医療サービスの品質向上
 臨床現場において臨床工学関連の知識・技術の水準を均一化し、より質の高い医療サービスを提供します。緊急時にも迅速に対応し急性期医療サービスを可能とします。
○ 病棟・外来業務の直接的および精神的負担の軽減
 看護スタッフの付随的業務の軽減を計ります。
 臨床技術サービスの提供により、看護スタッフの不安を軽減します。
○ 高度医療機器の効率的運用と安全性の確保
 機器故障、誤操作による事故発生の防止に努めます。
 院内点検・修理によるコストの低減を計ります。
 医療機器の中央一括管理により過剰投資の防止に努めます。
○ 教育および研究
 ME機器、とくに生命維持管理装置に関するスタッフへの技術教育をおこない院内スタッフの技術向上に努めます。
 専門的知識・技術に関する研究をおこない、スタッフの技術水準の向上を図ります。


スタッフ

技士3名

その他資格等

透析技術認定士1名、3学会合同呼吸療法認定士1名