出水総合医療センター

出水総合医療センターの診療ビジョン

 当院では診療ビジョンを設定させていただいております。
  くわしくはこちらをごらんください。

  出水総合医療センターの診療ビジョン>> (PDF:78KB)

災害派遣医療チームの整備について

 出水総合医療センターは平成9年3月に災害拠点病院に指定されていますが、災害時における医療体制の充実強化の観点から、先般、災害拠点病院の指定要件の見直しが行われ、そのひとつにDMAT(ディーマット)(災害派遣医療チーム)を保有していることが要件となりました。
 これに伴い、当院では医師1人、看護師3人、業務調整員1人の5人からなる医療チームを組織し、平成24年8月に兵庫県災害医療センターにて行われた日本DMAT隊員養成研修を受講し、平成24年12月1日付けで、鹿児島県知事から『DMAT指定病院』の指定を受けました。

DMAT(ディーマット)(災害派遣医療チーム)とは

 DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム」と定義されており、災害派遣医療チームDisaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。
 局地災害(航空機事故、列車事故等)や暴風、豪雨等の大規模な自然災害で発生後、概ね48時間以内に他機関と連携し現場での救命処置等の医療活動を行います。また、被災現場での傷病者への医療活動のほか、被災地内災害拠点病院の診療支援、域内搬送、広域搬送等の活動も行います。
 現在、鹿児島県においては、当院を含め13施設が20のチームを保有しており、鹿児島県知事の要請に基づき原則として鹿児島県内で活動を行うことになりますが、知事が必要と認めた場合は県外に派遣されることもあります。
 出水総合医療センターDMATは年間を通し技能維持訓練及び実動訓練等に参加して実務に備えた技能の向上に努めています。

DMATメンバー
平成26年11月 訓練終了後の集合写真(於:久留米市)
DMATメンバー
平成25年11月 訓練風景①(於:沖縄県)

DMATメンバー
平成25年11月 訓練風景②(於:沖縄県)

DMATメンバー
平成27年5月 訓練風景③(於:長島町)

栄養サポートチームの活動内容について

 当院の栄養サポートチーム(以下、「NST」と略す。)は、「NSTとは何か、何をするのか、どこまでやるのか」など議論を重ね、徐々に発展してきました。その中で、NSTの仕事が明確になりマニュアル化も進みチーム医療として定着しています。
 具体的にNSTの仕事を紹介しますと、各科からの栄養相談に対するアドバイス、NST回診、栄養状態に問題のある症例の検討会、褥創管理、栄養管理に関する当院スタッフへの教育・啓蒙活動・勉強会、栄養調整食品・医薬品(流動食)・点滴用カテーテル・胃瘻用物品など栄養管理に関連のある物品の選定、栄養管理に伴う感染症の制御、学会・院外研修会(JSPEN、TNT研修会、NST研究会,PEG研究会など)への参加、他施設からの研修者受け入れ・NST教育施設としての機能、NSTの活動を充実させるためのNST委員会などです。
 また、臨床検査科による低アルブミン値患者の抽出、薬剤師による高カロリー輸液(TPN)の内容検討、胃瘻造設とその後の管理も行なっています。
 平成22年4月からは栄養サポートチーム加算が新設され、NSTの活動も栄養治療と認められるようになりました。
これからNSTをさらに充実発展させる必要がありますが、当院の行動指針の一つに「チーム医療」があります。院内には感染対策、薬事、保険診療、クリニカルパスなど多くの委員会があり、それぞれ部署を越えて各委員が協力しています。このNST委員会もさらに実績を重ね、成果を出し、地域の皆様に信頼され役に立つチーム医療を行っていきたいと思います。

脳卒中連携パスへのとりくみについて

                              出水総合医療センター 院長 瀬戸 弘

 出水地域は高齢者の割合が高く、脳卒中の患者さんも増えています。当院では平成26年度に当院脳卒中センターを設置し、救急外来に運ばれて来られた患者さんが、よりスムーズな診療を提供できるよう体制整備いたしました。
 脳卒中の患者さんに必要とされる医療、介護及び福祉は、その病期、転帰によって異なっており、地域の専門関係機関が相互に連携しながらその機能に応じた役割を担い、急性期から維持期までを切れ目なく医療連携していく必要があります。
 急性期・回復期・維持期と次の病期へ移行する際の情報提供には、診療情報提供書、看護要約(看護サマリー)、リハビリテーション紹介状(リハビリサマリー)などがありますが、多くの場合、医師から医師へ、看護師から看護師へ、リハビリ療法士からリハビリ療法士へなど同職種間の情報伝達が主であり、全体像がつかみにくい現状があると言えます。これらの地域連携のシステムや具体的な診療計画を、患者さんや家族にわかりやすく説明し、同意・納得を得られているかという点についても十分な配慮をする必要があります。
 これらの課題を改善するツールとして、「脳卒中地域連携クリティカルパス」(以下「連携パス」)があります。当地域におきましては、出水郡医師会と協議し平成21年末から連携パスの運用を行い、運用開始から毎年、年3回の「出水地域脳卒中連携ネットワーク研究会」を開催し、多数の医療機関、他職種の方にご参加いただき、出水地域の更なる地域連携を図るための情報・意見交換を行っております。
 また、当院では平成26年11月から、連携パスの管理体制の簡素化、他職種での情報共有の効率化として、電子カルテ内での連携パス管理も行っております。
 今後も出水地域全体の脳卒中診療の基幹病院としての役割を果たしながら、脳卒中連携パスを通して、地域の他の医療機関、施設と情報を共有しながら、患者さんにより良い医療の提供に努めて行きたいと思います。

呼吸ケアサポートチームの活動について

   呼吸ケアサポートチームの活動

                            臨床工学技士・呼吸療法認定士  塩山 貴志   
 呼吸サポートチームは、人工呼吸器管理中の患者さんの問題点や改善点をチームで検討し、より良い解決が得られるように支援するための組織です。
 チームは麻酔科医師1人、救急認定看護師1人、理学療法士4人、臨床工学技士1人で構成されています。
 私たちの主な活動は、患者さんが人工呼吸の治療を開始した時点で活動スタートとなります。 患者さんの状態を把握するための回診、ミーティングなどを行い、患者さんが人工呼吸による治療を安全に受けられるよう、それぞれの専門職の意見を出し合い、チームとしてケアを行っており、院内での呼吸療法の質の向上を目指しています。
 今後の目標は院内教育活動の充実、院内の呼吸療法マニュアルの整備等に携わりたいと思っております。

資格・認定等

薬剤科

城野 敏幸
日本糖尿病療養指導士
認定実務実習指導薬剤師
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

松ヶ野 聡美
医療環境管理士
日本糖尿病療養指導士
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

橋元 良枝
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師
医療情報技師

前山 瑞穂
日本糖尿病療養指導士
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

冨山 成章
日本医療薬学会がん指導薬剤師
日本医療薬学会がん専門薬剤師
NST専門療法士
認定実務実習指導薬剤師
日本医療薬学会認定薬剤師
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

鳴海 由希子
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

田實 裕介
認定実務実習指導薬剤師
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師

放射線技術科

溝下 育男
シニア放射線技師
医用画像情報管理士
放射線管理士
放射線機器管理士

中野 孝二
アドバンスド放射線技師

  元村 重吉
検診マンモグラフィ撮影認定技師

平 啓一朗
シニア放射線技師
医用画像情報管理士
放射線管理士
放射線機器管理士

神 禎子
検診マンモグラフィ撮影認定技師

栄養科

宇藤 忍
栄養サポートチーム専門栄養士
糖尿病療養指導士

田中 美紀
栄養サポートチーム専門栄養士

越智 みき子
栄養サポートチーム専門栄養士
糖尿病療養指導士

臨床工学科

塩山 貴志
透析技術認定士
3学会合同呼吸療法認定士

吉本 圭介
血管診療技師

臨床検査科

田實 敏郎
NST専門臨床検査技師
日本糖尿病療養指導士

川上 保浩
認定輸血検査技師

春田 里美
NST専門臨床検査技師

城迫 秀任
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者

今林 久美子
認定一般検査技師

春木 未津子
日本糖尿病療養指導士

リハビリテーション技術科

川崎 真理子
がんのリハビリテーション研修会修了
医療安全管理者

村山 貴彦
がんのリハビリテーション研修会修了
3学会合同呼吸療法認定士

上村 亘
3学会合同呼吸療法認定士
心臓リハビリテーション指導士

水溜 幸一
がんのリハビリテーション研修会修了

長山 拓八
がんのリハビリテーション研修会修了

遠嶋 朝日
3学会合同呼吸療法認定士

倉津 晋平
3学会合同呼吸療法認定士

野田 辰彦
3学会合同呼吸療法認定士

東條 裕介
3学会合同呼吸療法認定士